top of page
  • jdtcar368

大阪の外国免許切り替えコースMT免許  門真試験場、二日目

更新日:2023年2月20日



日本ドライバー養成所で最初乗られた時は、アクセル踏むのができなくて、クラッチ操作だけで、動かされて、エンストばかりでした。 まったく最初からの練習と同じように、発進、停止からでした。

普通運転免許を取得される国によっては、アクセルペダルは踏んだ事がなくても、普通運転免許を取得されて、います。


日本ドライバー養成所での教習は、今日で二回目です。日本ドライバー養成所での様子もわかっておられるので、教習しやすいです。


日本ドライバー養成所に教習に来られて、最初に走行される大阪、兵庫の外国免許切り替えの方は、全ての人が、カーブで、ブレーキを踏んで、速度を落とします。また、チェンジギヤもローギヤーのままで、いつまでも走ります。

車を止める時も、スピードに関係なく、クラッチを踏んでから、ブレーキを踏みます。この習慣では車の停止距離が伸びて、非常に危険です。速度によって、ブレーキ、クラッチと使い分けしましょう。


AT免許だと、一日コースで終わりますが、MTでは作業が増えて、しんどいです。

大阪の外国免許切り替えの方の出来なかったことが、だんだんとできるようになって、最後には試験場の合格レベルになりました。


大阪の外国免許切り替えの方が言われるには、何にも分かっていなかったが、乗れるようになったと、言われて帰られました。











最新記事

すべて表示

大阪・兵庫・明石の一発飛び込み普通運転免許

普通運転免許では場内試験の普通仮免許試験が一番難関になります。この仮免許を取得されると免許取得するレベルに達したと、思って結構です。 この仮免許の実技試験では、一発合格が少ないと聞きますが,日本ドライバー養成所で練習されて受験される方は、一発合格されています。 合格されると試験場から電話を直ぐにいただいて、私だけが合格できて、他の人は、みんな滑っていたと聞きます。又合格できると試験官にどこで練習し

大阪・兵庫・明石の外国免許切替

一回目で合格される人が少ないと聞きますが、日本ドライバー養成所では半日教習、又は1日教習でスキルアップできた人には、合格できると、伝えます。 その後で受験されると試験場から電話又はメールで一回目で合格出来たと聞きます。 外国免許切替で練習に来られた時は、初めて免許取得される方と同じで、ハンドル操作にふらつきがあります。ブレーキ操作はガックンと衝撃を受けます。 ブレーキ操作は三段階のチェックで直ぐに

小型二輪免許を取得して見ませんか

原付免許を取るなら、小型二輪免許を取得すると、普通の道では、車と同じようにスピードも出せます。 原付免許のスピードは最高30キロですが、小型二輪では60キロまで出せます。 パトカーにつかまっている、原付車を見かけますが、小型二輪ではスピード超過でつかまっている人は少ないです。又普通運転免許を取得する時には、学科試験が免除になります。 最近の原付車は少しアクセルを吹かせば60キロぐらい出ます。他の車

Comments


bottom of page