top of page
  • jdtcar368

大阪門真試験場の外国免許切り替え安心コース  三十代女性の方

更新日:2023年12月4日


最近見たこともないようなハンドルのふらつきをされていました。ふらつきがなおるのは、早い人で

五分です。単純に車体を見ないで、スピードに合わせて遠くに視線が流れるようになれば、直ぐにふらつきが

なおります。


発進はオートマチック車で問題ないですが、停止はブレーキペダルを床の下まで、踏み込んで止めます。   止まるたびに急ブレーキです。

スピードに合わせてブレーキペダルの踏み具合を説明していくと、急ブレーキは直りました。


問題はハンドル操作です。右に、左に大きく揺れて、一向に遠くに視線が流れないです。スピードに応じて

視線の流れが違うと、説明しますが、聞くゆとりが持てないです。


繰り返し視線のながれを説明していると、やっと車体の向きから視線が動くようになって、スピードを出せるようになりました。


教習するたびに、だんだんと上手になっていくのが、伝わってきました。三十代の女性の方も、少しずつ怖さがなくなっています。


今日で半日コース内教習は4日になりますが、全てのカリキュラムをこなされて、一人でも乗れそうなところまでになりました。最初はこのような人は、見たことがないと思うような雰囲気でしたが、だんだんと楽しくなって来られたようで、顔の表情も明るくなってこられました。


S字ではタイヤの位置とバランスが掴めて、クランクでは速度の調節とハンドル操作が伴っています。

進路変更では、甘さが出ていて、正確な寄せ方はできていないです。

スピードも出したり、落としたりが自由にできて、車の左寄せ、右寄せが正確にできるようになるには、もう少しかなと、思います。


大阪門真試験場外国免許切り替え三十代の女性の方は、試験受かるレベルまで、スキルアップ出来ました。

門真試験場の外免切り替えコースの説明を詳しくしました。質問して理解度テストした結果では、

まだ十分な答えが、返ってこないので、あと、一回は教習しないといけないように思っています。


外国免許切り替え試験に合格できたと報告受けるとすごく嬉しいです。その時の感動は得難いものです。特に思い出に残るような、苦労して免許切り替え試験に合格できた人は、なお強く印象に残ります。


最新記事

すべて表示

大阪・兵庫・明石の一発飛び込み普通運転免許

普通運転免許では場内試験の普通仮免許試験が一番難関になります。この仮免許を取得されると免許取得するレベルに達したと、思って結構です。 この仮免許の実技試験では、一発合格が少ないと聞きますが,日本ドライバー養成所で練習されて受験される方は、一発合格されています。 合格されると試験場から電話を直ぐにいただいて、私だけが合格できて、他の人は、みんな滑っていたと聞きます。又合格できると試験官にどこで練習し

大阪・兵庫・明石の外国免許切替

一回目で合格される人が少ないと聞きますが、日本ドライバー養成所では半日教習、又は1日教習でスキルアップできた人には、合格できると、伝えます。 その後で受験されると試験場から電話又はメールで一回目で合格出来たと聞きます。 外国免許切替で練習に来られた時は、初めて免許取得される方と同じで、ハンドル操作にふらつきがあります。ブレーキ操作はガックンと衝撃を受けます。 ブレーキ操作は三段階のチェックで直ぐに

小型二輪免許を取得して見ませんか

原付免許を取るなら、小型二輪免許を取得すると、普通の道では、車と同じようにスピードも出せます。 原付免許のスピードは最高30キロですが、小型二輪では60キロまで出せます。 パトカーにつかまっている、原付車を見かけますが、小型二輪ではスピード超過でつかまっている人は少ないです。又普通運転免許を取得する時には、学科試験が免除になります。 最近の原付車は少しアクセルを吹かせば60キロぐらい出ます。他の車

Comments


bottom of page